キャベツのトーレン 〜南インドのスパイス炒め料理〜

久しぶりに新しい料理をに挑戦しました。

今回も、いつもの「ナイル善己さんのレシピ」を参考にしています。

「トーレン」とは、細かく刻んだ野菜の炒めもののことだそうです。野菜は、レシピ通りキャベツを使いました。

キャベツとココナッツの甘みを、スパイスで引き出す料理とのことです。

ココナッツファイン、ニンニク、生姜、青唐辛子、クミンシード、水をミキサーでペーストにします。

食材
ペーストにしたところ

ココナッツオイルにマスタードシード、豆、カレーリーフ、赤唐辛子を入れ炒めます。

このカレーリーフは、この春から育てている生の葉を使います。

そして、赤唐辛子もベランダ菜園で採れたものを使っています。

たまねぎを加え、しんなりしてきたらターメリックと塩を投入。

この後に、調理順番を間違えてしまいました。

ココナッツペーストを入れて馴染ませた後に、キャベツを入れなければならないところでしたが、ココナッツペーストを入れる前にキャベツを入れてしまいました。

ということで、慌てて、ココナッツペーストを投入↓

少し順序を間違えてしまいましたが、なんとか完成!

シンプルな味付けなので、野菜の味を引き出す料理だと思いました。

ココナッツファインと玉ねぎ、キャベツなどが持っている甘味を感じることができ、美味しくいただくことができました。

順番を間違えなければ、もう少しキャベツがシャキっとしていたのかもしれませんね。

今日はここまで。

ではまた〜 バイバイ❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です