オクラのポリヤル 〜オクラのスパイス炒め〜

ベランダ菜園で良くオクラが採れているので、オクラを使った南インド料理に挑戦。

レシピは、いつものナイル善己さんの「南インド料理とミールス」を参考にさせていただきました。

南インド料理とミールス

新品価格
¥2,090から
(2021/2/4 20:41時点)

まずは完成したもの↓

オクラのポリヤル

香ばしさが伝わりますか?

まずは、ポリヤルの意味を調べてみました。(以下、Wikipediaより)

ポリヤルとは?

ポリヤル(Poriyal)はインド料理であり、タミル語で揚げた野菜料理を意味する。同じ料理をカンナダ語ではPalya、テルグ語ではPorutuと言う。みじん切りまたは角切りの野菜を揚げ、スパイスと和える。マスタードシードケツルアズキタマネギ、メインの野菜を揚げ、最後にターメリック、数種のスパイス、唐辛子コリアンダーを加える。タミル・ナードゥ州では、刻んだココナッツで飾る。

また、別のサイトでは、

南インドの家庭料理で野菜のココナッツ炒め

と書かれています。

なるほど、野菜のココナッツ炒めはわかり易い。

どの野菜を使っても、ココナッツファインの甘みやココナッツオイルの香り、そして油であげた香ばしさがベースになった野菜炒めということですね。

  

材料(2人分)

オクラ・・・100g

ホールスパイス

  • マスタードシード・・・小さじ1/4
  • カレーリーフ・・・1/4枝分
  • 赤唐辛子・・・3本
  • チャナダール(ヒヨコ豆)・・・小さじ1/4

タマネギ(みじん切り)・・・1/8個

ニンニク(みじん切り)・・・1かけ

カイエンヌペッパー・・・小さじ1/6

ターメリック・・・小さじ1/4

ココナッツファイン・・・大さじ1

塩・・・小さじ1/4

ココナッツオイル・・・大さじ1.5

  

レシピ

家庭菜園で取れたオクラ↓1cmの輪切りにします。

家庭菜園で採れたオクラ

カレーリーフ↓

こちらも家で育てているもので、カレーリーフの香りは乾燥した葉では再現できない。

家で育てているカレーリーフ

まずは、ココナッツオイルにマスタードシードを炒め、パチパチ音が無くなったらカレーリーフ、赤唐辛子、チャナダールを加えます↓

玉ねぎとニンニクを入れ炒めます↓

玉ねぎとニンニクを炒めたところ

カイエンヌペッパー、ターメリック、ココナッツファイン、塩を加え軽く火が通れば、オクラを入れ↓
さらに炒め合わせた後、蓋をして弱火でオクラに火を通します。

オクラを入れたところ

10分ほど炒めると完成↓

完成!

  

ココナッツファインの甘みと香ばしさ、カレーリーフの柑橘系の香り、オクラのジューシーな感じがうまくマッチングして、とても美味しかったです。また、ご飯がどんどんすすんでしまいます。

カレーリーフには、滋養強壮や食欲増進、消化促進などの効能があるといわれています。また、ウイルスなどの殺菌や、解熱、発疹の抑制などの効能があるとされています。

南インドの暑さの中、これらの効能が活かされるのでしょうね。

  

今日はここまで。

ではまた〜 バイバイ❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です