ビリヤニマサラ 作ってみた 〜チキンビリヤニを作るために〜

カレー全書に書かれている

「大阪ハラールレストラン」のレシピ

によるとチキンビリヤニをつくためには、

ビリヤニマサラ

が必要とのこと。

したがって、まずは、先週仕入れてきたスパイスを使ってビリアニマサラを作ることに。

ビリヤニマサラの作り方は、
この本には書かれてない!

ということで、ググって作ることに。

必要なスパイスは、次の通り。

  • クローブ・・・・10本
  • カルダモン・・・4個
  • シナモン・・・・半分
  • ナツメグ・・・・小さじ1/2
  • メース・・・・・1個
  • スターアニス・・2個
  • フェンネル・・・小さじ2
  • クミンシード・・小さじ1
  • ベイリーフ・・・3枚
ビリヤニマサラ の元になるスパイスたち

なかなか美味しいものができそうな予感。

まずはパウダースパイス以外のものから炒って、きっちり水分を飛ばします。

そして、これらを粉末に。

ところが、何を使って粉末にしたら良いの?

我が家にはパウダーミルなるものなんか、なかったような・・・。

ということで、ミキサーでやってみることに。

きっと香りが残るので、奥さんに許可を得てからセット。

ミキサーにセットしたスパイスたち

いざ、回転!

ということで、なんとか粉末になってくれました。

粉末になったスパイスたち=ビリヤニマサラ

う〜ん。

すごい香り❣️

挽きたては、こんなに香るんですね。
改めて、手作りの良さを実感しました!

次回は、これを使って、
大阪ハラールレストランのレシピ
でチキンビリヤニに挑戦しま〜す!

色々とやってみるのって楽しいですね。

新たな発見もあるし!

きっと知らないことを知ることが楽しいのかなぁ?

でも、なんでもかんでも
知ることが楽しいわけでもないんですよね〜

例えば、芸能界のことって、ほとんど興味がないし、
実は、ディズニーランドやUSJなんかも興味がなかったりします。。。

スパイスって、何かの大きな世界観を感じてしまう。

まさに食文化ですものね。
人類がそれぞれの地域で、受け継いできた文化ですよね。

そんな風に、

長く受け継がれながら、

少しずつ、自然に、必然的に、変化してきた、

そんなものに惹かれるような気がしました。

今日はここまでです。

お付き合いありがとうございます。

ではまた〜 バイバイ❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です