チキンビリヤーニ 〜ナイル善己さんのレシピで〜

今回、参考にしたレシピ本がこれ↓

南インド料理とミールス/ナイルレストラン ナイル善己

南インド料理とミールス

新品価格
¥2,090から
(2021/2/4 20:41時点)

本に書かれているナイルさんのプロフィール↓

銀座「ナイルレストラン」三代目。南インド・ケララ州出身のインド独立運動家であり、「ナイルレストラン」初代創業者のA.M.ナイルを祖父に持つ。高校卒業後、南インド・ゴア州に渡り、アカデミー・オフ・カリナリー・エデュケーションで料理を学び、ゴアの最高級ホテル・シダデゴアの厨房で修行。現在、テレビや雑誌などのメディアで活躍中。2016年にソムリエ資格を取得。著者に『ナイル善己のやさしいインド料理』など多数。

この中にあるチキンビリヤーニのレシピを参考に作ってみました。

前に作った大阪ハラールレストランのレシピとかなり違っていました。

  • 鶏肉をマリネする(2日のマリネ推奨)
  • 米を茹でる釜にホールスパイスを入れる(油に入れるパターンしか知らなかった)

特にポイントはマリネの材料で、ヨーグルトや多くのパウダースパイス、ニンニクやショウガなどで構成されていて、これで味が決まるようですね。まるでタンドリーチキンのようです。

マリネする前の状態と漬け込んだところ↓

玉ねぎを炒めます。

マリネしたものを全て投入。
マリネは2日も待てないので2時間で投入😅

そして、ミントと香菜を敷き詰めます。色合いが綺麗❣️

ホールスパイスを入れて茹でたバスマティ米を投入。

お肉とお米を重ねて蒸す方法は、大阪ハラールレストランと同じ。この重ねて蒸すのがハイデラバード地方の調理方法のようです。(ハイデラバードって、南インドにもパキスタンにも同じ名前の都市が存在するようです。ここではインドのハイデラバードだろうか?南インド料理の本だものね。)

蓋をして10分ほど炊き込み、火を止めて10分蒸らします。

器に盛り、玉ねぎや香菜、トマトなどを散らし完成❣️チャイをセットにしました。

とってもあっさりした上品な味わいでした。

辛味成分としては、マリネに入れた小さじ1のガラムマサラだけなのです。

その分、玉ねぎの香ばしさと旨み、他のスパイス(約10種)やミントの香りを味わうことができました

これを書いているのは深夜。

食べたくなってどうしようもない状態です😅

だから、さっさと寝ることにします。

ではまた〜 バイバイ❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です