ケーララ地方のチキンカレー 〜南インド 基本のカレー&ケーララ地方って?〜

南インドのカレーって、北インドのカレーとはかなり違う。

まず、カレーは何が違うの?

特に違うのは、

  • 玉ねぎは、みじん切りではなく薄切りにすること。
    そして、きつね色になるまで炒め、油で揚げる程度とのこと。
  • テンパリング(ホールスパイスを油で炒め香りを油に移す作業)した油を
    出来上がったカレーに最後にかけること。

の2つ。

ということでケーララ州について、少し調べてみました。

ケーララ州について

場所は、インド南の本当にわずかなところですね。

南北590kmの海岸線を有し、東西の幅は11km~121 km。

昔、インド北部に旅行したことがあって、その貧困さにかなりの衝撃を受けたのですが、ここは全く様相が違うのですね。

以下、Wikipediaより

インド初で最大のIT特区でもあるティルヴァナンタプラムテクノパークがつくられており、Linuxやフリーソフトウェアを積極的に推進し、インドの宇宙開発の発祥地でもある。また、電子政府化も進んでおり、「インドで初めて完全にデジタル化された州」と呼ばれている。

同州は人間開発指数で最高値を記録しており、識字率はほぼ100%に達し、インド初の家族計画政策で人口増加率は最も低く、治安面では殺人率は最も低く、インドでのユニバーサルヘルスケアの先駆けとして平均寿命もインドでは最も高く、インドで最も公衆衛生が進んでるとされ、世界保健機関とユニセフからは表彰もされている。ケーララ・モデルは経済学者のアマルティア・センやマブーブル・ハックなどから絶賛されている。

出稼ぎが湾岸アラブ諸国で多く、ドバイに住むインド系の過半数がケーララ出身であるとされる。ドバイ政府とはIT都市スマートシティ・コーチの建設で協力している。

同じインドでも、こんなに違うのですね!

 

さて、そんな背景に思いを馳せながらケーララチキンカレーを作っていきます。

ケーララのチキンカレー

 

鶏肉以外の用意したスパイスや具材

 

玉ねぎを軽く炒め、ニンニク、生姜、青唐辛子、トマト、パウダースパイスを加え炒めます。

全体に火が取れば、水とココナッツミルク、鶏肉を加えます。

玉ねぎをきつね色になるまで炒める必要がないので、ここまではあっという間です。

ほぼ完成

 

そして、別でホールスパイスの風味を油に移します(テンパリング)。

南インド料理に欠かせないのがマスタードシード。
下の写真のつぶつぶのものです。
そして、残念なのが、カレーリーフが手に入らず、ベイリーフとバイマックルーで代用。
(乾燥したカレーリーフなら手に入るのだが、カレーリーフは生のものが良いらしい。あとは、自分で育てるしか方法はないようだ)

テンパリング中

そして、これをカレーの中に入れ、軽く煮詰めます。

この後で入れるところが北インド地方とは違うところ。

テンパリングした油をカレーの中に入れとところ

そして、盛り付けて完成!

ココナッツミルクの甘い香り、そしてマイルドさは最高。
そして、最後に入れたテンパリングした油が、スパイスの風味をそのまま残していてパンチが効いていますね。

どんどん食べてしまいます。

短時間で出来てしまうのも南インド料理の特徴のようです。

今度はぜひ、カレーリーフを手に入れて作ってみたいです。
もう少し、季節が良くなったら、カレーリーフを育ててみようかと思っています。

今日も参考にした本はこれ↓

南インド料理とミールス

新品価格
¥2,090から
(2021/2/4 20:41時点)

ではまた〜 バイバイ❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です