松峯山 金剛輪寺 〜湖東三山の真ん中のお寺 その1〜

2019年12月8日(日)
湖東三山のお寺のひとつ、金剛輪寺に行ってきました。
3回目か4回目の訪問です。
ちなみに湖東三山の他のお寺は、西明寺と百済寺。

信長の焼き討ちで被害を受けましたが本堂や三重塔は寺僧の尽力で焼失をまぬがれたそうです。この本堂は国宝に、三重塔は重要文化財に指定されています。本堂や三重塔は入り口の黒門から数百メートルの石段を登った奥にあるため、見落とされ焼き討ちをまぬがれたのではないかという説もあるとのこと。

まずは、入り口の黒門。
ここを入ると、緩やかな坂があり、国宝の本堂への石段が続きます。

私事ですが、最近、膝が痛んでまして、加齢によるものでしょうか?😅
少し良くなってきたので挑戦することにしたのですが、どうなることやら‥

黒門をくぐったところ↓

写真ではわかりにくいのですが、緩やかな上り坂になっています。

今年の紅葉を見る最後のチャンス。何とか間に合ったようです。

この坂を登る途中の足元の写真です↓
落ちた紅葉の葉型がくっきりと後になっていました。面白いですね❣️

突き当たりを左に曲がったところ↓

この先に、名勝庭園があります。
少し覗いてみました。

三庭からなる池泉回遊式庭園だそうです。
詳細は下の写真をぞうぞ↓

まずは門をくぐったところ↓

なかなか風情あるでしょう。

この庭園の写真です↓

あんまり、お庭の写真を撮っていないことに今更ながら気がつきました。
こんな感じのお庭が3つあります↓

これは早咲き桜?

という事で名勝庭園はここまでです。

再び、参道に戻り、本堂を目指します。
このように両脇にお地蔵さんがたくさん並んでします。
前に来た時は、一体ごとに風車が設置されていてカラフルでしたが、この時は写真の通り質素な感じ。

ここから数百メートル登りますので、続きは明日にしますね。

明日も良かったら覗いてくださいね!

ではまた〜 バイバイ❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です