MacBook Air M1チップ 〜内蔵SSDと外付けSSD、HDDの速度比較〜

この度、旧型Mac miniから、M1チップ搭載のMacBook Airに乗り換えました。

400GBほどある写真データを外付けSSDに保存する際にかなりの時間が掛かったので、内蔵SSDとの読み書き速度の違いを確認してみました。

外付けSSDは、サンディスク ポータブルSSD 1TB。USB 3.2仕様です。

SanDisk USB 3.2 SSD Front

早速、テストをしたところ、

WRITE 265.0MB/s、READ 373.9MB/s

外付けSSD

次に内蔵SSDは、

WRITE 2083.2MB/s、READ 2760.3MB/s

内蔵SSD

ゲーッ、なんと、7倍から8倍も早いのですね〜。

恥ずかしながら、SSDなら外付けも内蔵もそんなに変わらないだろうと思っていたので、この差には少し驚きでした。

こんなことだったらもっと容量の大きい内蔵SSDにしておくべきだとちょっと後悔…

ちなみに、USB2.0の外付けHDDを測定したところ、なんと、

WRITE 30.7MB/s、READ 34.4MB/s

USB2の外付けHDD

超低速(笑)。

そして、USB3.2Gem1の外付けHDDは、

WRITE 157.3MB/s、READ 154.7MB/s

USB3の外付けHDD

USB2のHDDの5倍ぐらいで、外付けSSDの半分ぐらいでしょうか。

 

そんなわけで、一覧表にまとめてみました。

デバイスWRITE速度(GB/s)READ速度(GB/s)
MacBook Air M1チップ SSD(内蔵SSD)2083.22760.3
サンディスク ポータブルSSD USB 3.2(外付けSSD)265.0373.9
IODATA HDCX -UTL6K USB 3.2Gem1(外付けHDD)157.3154.7
古いHDD USB2.0(外付けHDD)30.734.4

一番遅いものと早いものとの比較では、実に80倍ほどの差があるのですね。

内蔵SSD容量の検討の際、参考にしていただければうれしいです。 

ではまた〜 バイバイ❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です