バッハのアリア 〜弾いてみました❣️〜

いつもは、音符を打ち込むことがほとんどなのですが、今回は、リアルに弾いてみました。
実はここに至るまで数ヶ月練習をしました。(と言っても時間のある時だけですが😅)

良かったら聴いてみてくださいませ♪

今回の録音・録画方法

今回、使用した機材やアプリケーションソフトは以下の通り。

使用機器&アプリケーションメーカー&品番
ピアノ本体Casio PX-360M BK
シーケンスソフトApple Logic Pro X
動画撮影機材Nikon D5300
動画編集ソフトApple iMovie

リアルタイムで録音する場合、できれば小節や拍に合わせてデータを揃えたい。後での位置確認のし易さやドラムなどを入れたい場合(今回はバッハなので入れませんが(笑))、必須条件になるからです。

ところが、当然ながら、特にクラッシック音楽は、表現する上でテンポが揺らぐわけですから、どうやって拍を合わせるのか不思議に思っていました。

今回、その解決方法がわかりました。

テンポ表示の下の部分をクリックすることで、

KEEP、ADAPT、AUTO

が選択できるようになっています。

ここでAUTOを選択することで、手弾きしたテンポに合わせて自動で拍を合わせてくれるのです。

すると、KEEP、ADAPT、AUTOの選択ができるようになりますので、AUTOを選択します。

その状態で、ピアノを弾くとこのようにテンポをAUTOでアジャストしてくれます。

これがかなりの正確さで使えるので大満足!

その後は、このMIDIデータでピアノを鳴らし、それを再びLogicにて、今度はアナログ信号をデジタルに変換し記録します。

それをiMovieに取り込み、カメラで撮影した動画と合体させ、完成です!

今日、使ったピアノはこれ▼

“ストリングレゾナンス” や“ダンパーレゾナンス” など低価格ですが、結構こだわっている感じ。

CASIO(カシオ) 88鍵盤 電子ピアノ Privia PX-360MBK

新品価格
¥71,224から
(2021/2/21 20:57時点)

ということで、今日はここまで。

ではまた〜 バイバイ❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です