水彩画の練習 〜枯れ木〜

枯れ木の練習をやってみました。

参考にした本
 タイトル 基礎からの水彩 風景を描く①
 発行年  1995年(結構古い)
 著者   トニー・コーチ
 発行所  株式会社エム・ピー・シー

鉛筆で下書き。
薄くて見えない😅

下書き

平筆の片方にだけ絵の具をつけて描く。
ヘラで少し引っ掻く。

幹を描き、ヘラで引っ掻く

枝を少し色を変えて描く。

枝を描く

根元の草を描く。
所々、ヘラで引っ掻く。

根元の草を描く

ステンレスのヘラを立てて、細い枝を描く。
そして、ヘラの平たい面を使って枯葉を描く。

ヘラで細い枝と枯葉を描く

木の根元に草をヘラで描く。

ヘラで草を描く

完成!
結構、上手くいった感じ😀

完成

ヘラって、かなり使えるなぁ。

枯葉、細い枝、細い草、引っ掻いて幹や草の白い部分を作るのに使いました。

使ったのは、写真のステンレスのヘラと
コーキング用のプラスチックのヘラ(今日買ってきました!200円ぐらいだけどこれは使える!)。

今日はここまでです。

ではまた〜 バイバイ❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です